シグナルをみつけるには

トレンドとはなにか

チャートを読むまたは分析するためには、ロウソクがわかることも重要なことですが、トレンドを把握することも同じくらいに重要です。
FX取引の基礎なわけですが、経験者でも見誤ることがあるほど、読むのが難しい場合もあるのです。

トレンドとは、つまりは相場の流れのことを指し、その流れに乗って取引を行えば履歴が得られるというわけです。
FX取引を行う上で、また利益を出すためには、このトレンドを把握できているかが大きなポイントになるのです。

トレンド、相場の流れには3種類のパターンがあります。(3つだけです)
相場は、上昇トレンド、下降トレンド、横ばい相場(レンジ)のいずれかの状態にあるのです。
上昇と下降のどちらかのトレンドの後に横ばい相場(レンジ)が現れます。

トレンドを探す

現在のトレンドがどの状態にあるのかを読むことができれば、あとはそのトレンドにどのように乗るかです。
チャート全体が右肩上がりになれば文字通り上昇トレンドです。
安く買って高く売ることで利益を上げていきます。
逆に右肩下がりになればそれは下降トレンドということになります。
高く売っておいて、安く買い戻すことで利益をだします。
横ばいの相場は、割合で言えば最も多い状態で、取引を行わないことが多いです。

トレンドはわかりやすい形では現れません。
相場は常に小刻みに上下動を繰り返しながら上昇したり、下降したりするので、どこが分岐点になるかを探す(予想する)ことになります。
上昇するにしても、下降するにしても、押し目や戻り目と呼ばれる一時的な局面をつけながら推移します。
それらの動きはN字型になっており、トレンドの形の基本形とも言えるものです。